躁うつ病にも使われるカルバマゼピン

てんかんや痛みの治療といった症状以外にカルバマゼピンは気分変動を伴う種々な精神症状や情動障害に効果があります。特に近年注目されているのが躁うつ病患者への治療効果です。当サイトにてカルバマゼピンについてご紹介していきます。

カルバマゼピンが使われた先発品の薬価と通販する方法

カルバマゼピンは、てんかんの症状を抑える薬として使われています。てんかん以外の症状にも対応が可能で、向精神薬として活躍することがあります。
脳神経に作用することで、症状の発症を抑えることができますが、カルバマゼピンには即効性がないため、医師の指示通りに服用しなければ、確かな効果が得られません。成人の場合は、1日に200mgから600mgまでの量を、1回から2回に分けて、服用します。1200mgまで増量できますが、これも医師の指導に従って服用しなければ、副作用の危険が伴いますので注意しましょう。
躁病や躁うつ病の患者に対してだと、また違った量が使われます。
病院で処方されることになるカルバマゼピンの薬価については、先発品であると細粒剤50%で1gにつき、26円ほどとなっています。錠剤の薬価は、100mgで1錠7.60円、200mgなら1錠12.10円です。これらの薬価は、保険適用の場合です。
1錠だけで見るなら、それほど高価な薬には見えませんが、てんかんは長く付き合っていくことが多い病気ですので、その都度カルバマゼピンを使うとなると、薬代の負担が重くのしかかってきます。
カルバマゼピンが配合されている先発品は、通販で購入することが可能です。また、カルバマゼピンには先発品以外に、後発品も存在しますので、それら後発品を通販で購入することによって、薬代を節約することも可能です。
先発品や後発品を通販で購入するには、主に個人輸入サイトを利用することになります。国内で一般販売が許可されていない薬であっても、直接海外から購入すること自体は認められています。輸入サイトは業者が代行して手続きをしてくれるため、簡単に利用することができます。