躁うつ病にも使われるカルバマゼピン

てんかんや痛みの治療といった症状以外にカルバマゼピンは気分変動を伴う種々な精神症状や情動障害に効果があります。特に近年注目されているのが躁うつ病患者への治療効果です。当サイトにてカルバマゼピンについてご紹介していきます。

カルバマゼピン副作用症状の発疹などについて

カルバマゼピンとは、精神運動発作やてんかん、またはそれに伴う精神症状の治療に使われる薬の一種です。ほかにも、躁病や興奮状態となった統合失調症、三叉神経痛などの治療にも利用されます。このカルバマゼピンの副作用には様々なものがあります。例えば、発疹です。これは、日光に当たった際などに皮膚が赤くなったり、かゆくなったりする症状のことで日光過敏症が原因で、発疹が起こることがあります。ほかにも、めまいや精神錯乱、悪性症候群、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症なども副作用として挙げられます。発疹などこういった副作用が起こった場合には、すぐに使用をやめることが重要です。ほかにも、カルバマゼピンには眠気や注意力の低下、倦怠感や頭痛、吐き気や食欲不振、不整脈、発熱、のどの渇きなどといった症状が現れることがあります。こういった症状が出た場合には、必ず医師に相談するようにしましょう。また、稀な例ですが、血液障害や肝障害、薬剤性過敏性症候群などといった副作用が生じることもあります。こういった副作用が現れるかどうかは、検査などによってチェックすることで避けることが出来ることもあるので、検査は受けることが大切です。このようにカルバマゼピンには、様々な副作用が生じる可能性のある薬なので、取扱いの際には十分な注意が必要となります。医師の診断や診察を受ける際には、検査を受けることも大切ですが、自分が他にもどんな薬を服用しているのかといったことも、きちんと伝えるようにしましょう。また、普段から薬の用法用量を守ることや、寝不足や飲みすぎ、喫煙などを控え、規則正しい生活を送ることが副作用を生じさせないためにも、重要な行動であることを知っておくことも大切だと言えます。